国際Rライセンス

ライセンス概要

国際競技運転者許可証R(国際Rライセンス)を取得すると、FIA国際スポーツカレンダーに登録されたラリーやヒルクライム、クロスカントリーラリーなどに出場できます。FIA世界ラリー選手権(WRC)やFIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)の出場には国際Rライセンスが必要です。
なお、国際A/B/Cライセンスには、国際Rライセンスの資格も含まれます。

取得条件

国際Rライセンスを申請するためには、まず国内Aライセンスの所持者である必要があり、申請前の24か月以内に、ラリーまたはスピード競技の日本選手権(全日本選手権や地方選手権)で6回以上完走する必要があります。リタイアやミスコースなどがあると、完走した出場実績としては認められませんのでご注意ください。国際Rライセンス以上のライセンス取得を検討されている方は、別途、上級申請のページをご参照ください。

ライセンスの上級申請について

四輪の競技許可証(ライセンス)の種類は、国際許可証と国内許可証があり、FIA国際スポーツカレンダーに登録された競技会に参加・出場するには、国際許可証が必要です。
ドライバーライセンスは、FIAが発給するスーパーライセンスを最上級として、以下、JAFが発給する国際Aライセンス、国際Bライセンス、国際Cライセンス、国際Rライセンス、国内Aライセンス、国内Bライセンスといった、等級に基づく種類があります。より上位の競技会に参加・出場するためには、より上級のライセンスが必要となりますが、これらのように、上級のライセンス発給申請をおこなうことを「上級申請」と言います。詳しくは以下よりご確認ください。

ページ
トップへ