スーパーライセンス

ライセンス概要

スーパーライセンスは、FIAが発給する最上級グレードのライセンスです。FIAフォーミュラ1世界選手権(F1)の出場に必要なライセンスで、フリープラクティスの走行だけに有効な、フリープラクティス専用スーパーライセンスもあります。いずれにしても、高い領域における競技出場実績だけでなく、JAFを始めとしたASNや、出場するF1チームの協力が必要となるため、限られたドライバーが申請できるライセンスとなります。

取得条件

スーパーライセンスを申請するためには、国際Aライセンスを所持する必要があり、有効な運転免許証や初回のF1参戦時に少なくとも18歳以上である必要もあります。また、FIA国際モータースポーツ競技規則付則L項の付則1において、シングルシーター選手権の2つのフルシーズンでそれぞれ少なくとも80%に参戦し、L項付則1の選手権において、申請前の3年間に少なくとも40点を累計している必要もあります。そして、過去にスーパーライセンスを取得した実績があったり、累積40点に満たない場合については、指定のF1車両をレーシングスピードで最低300km、最大2日間の間に走行したことをテストした国のASNが証明できれば、申請資格を満たすことができる場合もあります。

ページ
トップへ
Driver Of The Year 2022 抽選で1名様を東京オートサロンにご招待! LINEにて2次投票受付中! 11.14 MON-12.12 MON