2021年全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2021」における重篤事象に基づく安全性向上策について

公示 ラリー その他

公示No.2021-WEB072
2021年8月24日

この度の新型コロナウィルス感染防止対策にご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
本件につきまして、当事者である競技参加者、当該競技会オーガナイザー、当該競技会審査委員からの事実関係確認の結果を踏まえたラリー部会での審議結果に基づき、以下の通りお知らせいたします。

  • 1事象
     2021年3月21日全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー 2021」SS6における時限的、局所的な豪雨によるハイドロプレーニング現象を起因とした一部競技車両の横転等による重篤事象。
  • 2対応
    • 1)2021年全日本ラリー選手権第3戦以降の全日本選手権オーガナイザーに対し、更なる安全性向上策について、概要以下の実施要請の書簡を送付。
      • 1.競技参加者の安全性を最優先とした競技区間の設定
      • 2.競技期間中におけるオフィシャル間の通信網の再整備
      • 3.コースカー(00カー、0カーなど)の乗務員の選任要件(四輪競技運転者許可証の所持者であり、且つ、過去5年以内に日本ラリー選手権における完走実績者を強く推奨)および安全装備(競技参加者・車両と同等)の着用と搭載
      • 4.00カーおよび0カーの役務(00カー:コースの安全確認、設置物、セーフティカーの配置、計時機器の動作、競技役員の配置、観客およびメディアの安全性等、スペシャルステージを開始するために必要な確認および競技長への報告、0カー:参加車両の直前に走行し、コースの最終安全確認およびスペシャルステージの開始が可能であることの確認)の徹底および2021年FIAラリー安全ガイドラインの2.4セーフティカー、2.5ゼロカー役務内容の順守
      • 5.競技会審査委員会へ競技区間の天候・路面状況の適宜情報提供
      • 6.トラッキングシステムの導入推奨
      • 7.スペシャルステージラリー開催規定第25条「スペシャルステージ」、第30条「一般規定」の徹底、および2021年FIAラリー安全ガイドライン7.1「ラリー管制」、7.2「初期現場」、7.4「競技者の安全ブリーフィング」の順守
      • 8.スペシャルステージラリー開催規定第25条15.8)について、「また「OK」「SOS」のどちらの提示もなく、車両がかなりのダメージを負っていて競技参加者が車両内および/または車両の外にいると思われる場合も同様の手順に従うこと。」の下線部補完
        上記により停止した後続車の競技参加者のどちらか一方(ドライバーまたはコ・ドライバー)は、オフィシャルによるスペシャルステージ中断と判明するまでの間、以降の後続車に対し上記手順に従うよう対応
      • 9.上記8.によるクルーの取り扱いについて、スペシャルステージラリー開催規定第25条14.6)「スペシャルステージの中断」に従い対応
      • 10.上記8.について、ブリーフィング資料に記載し、公式通知発行
    • 2)2021年全日本ラリー選手権第3戦「ツール・ド・2021 in 唐津」に併催された「2021年第1回救出活動セミナー」において、セミナー出席者ならびにJAF加盟団体JRCA会長を含むラリー関係者に対する重篤事象の概況報告および適用諸規則検討の報告。
    • 3)全日本ラリー選手権第2戦オーガナイザーとラリー部会およびJAF事務局による意見交換の実施。
      • 1.全日本ラリー選手権オーガナイザー間の連携による更なる安全向上策の共有
      • 2.更なる安全性向上を目的とした全日本ラリー選手権競技運営の平準化の推進
      • 3.JAFからのオブザーバーを派遣およびその指示の遵守
      • 4.トラッキングシステム早期導入および義務化の検討
    • 4)適用諸規則の改正
      • 全日本ラリー選手権に限らず、JAF公認ラリー競技会すべてにおいて、安全な競技が実施されるようラリー競技開催規定細則:スペシャルステージラリー開催規定第25条15.「競技クルーの安全」を改正し、公示(別途公示予定)後即時適用とする。

以上

ページ
トップへ
楽天ポイント100万ポイント山分け(POP)