FP-3部門西地域最終戦は急転直下の展開!森岡真央選手が初優勝!!

レポート カート

2021年9月16日

全日本カート選手権・西地域第5戦が岡山県・中山カートウェイで開催され、FP-3部門では予想外の展開が続いた末に森岡真央選手(Ash)が初優勝。FS-125部門では加藤大翔選手(HRS JAPAN)が接近戦を制して2勝目を遂げた。

2021年JAF全日本カート選手権 FS-125部門/FP-3部門 西地域第5戦
2021年JAFジュニアカート選手権 FP-Jr部門/FP-Jr Cadets部門 西地域第5戦

開催日:2021年9月11~12日
開催地:中山カートウェイ(岡山県和気町)
主催:株式会社山陽スポーツランド

 2021年全日本カート選手権のFS-125部門とFP-3部門は、東西各地域で5戦ずつを行った後、東西統一競技会で一年間を締めくくるシリーズ構成になっている。今回のレースは西地域ラストの一戦。東地域はまだ第3戦しか終了しておらず、西地域勢はふた足先に地域戦を終え、東地域の残り2戦の動向を見守りながら東西統一戦に備えることとなる。

 戦いの舞台はシリーズ最西端の地、岡山県の中山カートウェイ。コースの全長は740mとシリーズ中もっとも短く、決勝の周回数は30周にも及ぶ。例年、体力面でも厳しい戦いが繰り広げられる、手強い一戦だ。

 すべての計時セッションが行われる大会2日目の空模様は、終日曇り。真夏の厳しい暑さは和らぎ、立っているだけで汗だくになるようなことはなくなった。体力面で不安を抱える選手たちにとって、この気候はひとつの安心材料になったことだろう。

 今大会最多の22台が出走したFP-3部門は、ドラマチックな結末となった。決勝のポールについたのは森岡選手。その横に並んだのは今季初参戦の森川貴光選手(HIRAI PROJECT with Ash)だ。

 フロントローの2台はポジションキープでレースを開始し、タンデム走行のままラップを重ねていく。レースが中盤に入ると、そこに中村海斗選手(FormulaBlue Teamナガオ)が接近、20周目に森川選手をかわしてトップ追撃の役目を引き継いだ。さらに7番グリッドから脇万葉選手(TEAM EMATY)が快足を飛ばして先頭集団に急接近、残り4周で森川選手を抜いて3番手に浮上した。

 レース大詰めの優勝争いは、森岡・中村・脇・森川の4選手がぴたり一列に連なっての接近戦だ。その最後尾を走る森川選手は、速さではかなわない面々に先行されて苦境に立たされながら、大逆転を諦めていなかった。一縷の望みを託すのは、ハイペースで追い上げてきた2・3番手が前に仕掛ける時に生まれるであろうチャンスだ。

 その森川選手の読みはズバリ当たった。最終ラップ、タイトな右ヘアピンの2コーナーで、中村選手と脇選手が勝利を狙って前に勝負を仕掛ける。すると立ち上がりで、トップ3はもつれ合いながら失速。その横を森川選手がするすると抜けていく。トップでチェッカーを受けた森川選手はウィニングランで何度もガッツポーズを繰り返し、車検場でマシンを降りると感激のあまり泣き崩れた。

 2016年、2018年のFP-3部門(当時は地方選手権として開催)チャンピオンに輝きながら、2020年は苦闘の一年を送った森川選手。今季は夫人の出産と育児でここまでレース参戦を見送り、それがひと段落ついたところでの復帰戦だった。森川選手の劇的なカムバックウィンに、会場は祝福ムードに沸いた。

 だが、ドラマはまだ終わっていなかった。レース後の再車検で、森川選手はエンジンのスキッシュが規定より0.02mm狭かったとして、まさかの失格裁定を受けたのだ。

「スキッシュはちゃんと測定してきたけれど、カーボンが予想以上に溜まったのかもしれません。違反は違反だけれど、性能にはほとんど影響のない値だし、狙ったとおりのレースができたし、すごく楽しかったので、僕はポジティブな結果だと受け止めています」と森川選手。

 代わって勝者となったのは、2番手でゴールした森岡選手。デビューイヤーの今季、たびたび目覚ましい速さを示してきた21歳の俊英の初優勝だ。2019年と2020年には妹の泉美選手が中山大会2連勝を達成しており、森岡家としては中山3連勝を飾ったわけだ。

 激闘を演じた中村選手と脇選手は3・4番手でチェッカーを受けたのだが、フロントフェアリングのペナルティで順位を下げ、2位は大井偉史選手(Ash)、3位は今季初参戦の藤井亮輔選手(TEAMぶるーと)のものとなった。また、西地域のポイントランキングは今回4位の中村選手が首位を守っている。

「なんとも言えない初優勝でしたが、頑張った結果だからいいかなと思います。(東西統一競技会が行われる)もてぎはけっこう好きなコースで、そんなに苦手意識はないので、あとはマシンのセットアップなどでどこまで詰められるかだと思います。今回勉強になったことを活かして、今度はちゃんとトップでゴールして優勝を飾りたいです」と優勝の森岡真央選手。
FP-3部門の暫定表彰式。左から暫定2位の森岡選手は1位に、暫定1位の森川貴光選手は失格に、暫定3位の大井偉史選手は2位に繰り上がった。また3位は藤井亮輔選手となった。

 出走13台のFS-125部門の決勝は、折り返し点に達しても全車が一列につながったまま周回を続ける、実力伯仲の戦いとなった。やがてそこから抜け出したのは、酒井仁選手(LUCE MOTOR SPORTS)と加藤選手だ。

 この対決は、残り5周で逆転に成功した加藤選手に軍配が上がった。ジュニア時代、FP-Jr部門に参戦していた2019年にもここ中山でのレースを制している加藤選手は、会心の逆転劇で今季2勝目を果たし、西地域のポイントリーダーの座をキープして東西統一競技会に臨むこととなった。酒井選手は3勝目こそ逃したものの、今季3度目の表彰台で西地域ランキング2番手につけている。

 3位は山口大耀選手(HRS JAPAN)。このレースウィークは不振にあえぎタイムトライアルと予選では9番手に留まったが、あきらめずセットアップを煮詰めた結果、決勝でようやく思いどおりに走ってくれるマシンを手に入れ、6台抜きで表彰台の一角をつかみ取った。初ポール獲得の宮本颯斗選手(TEAMぶるーと)は5位。13台全車が4秒強の間にチェッカーをくぐる、見応えのあるレースだった。

今シーズン2勝目を挙げ、ポイントリーダーの座を固めた加藤大翔選手。「思っていたよりギリギリのレースで大変でした。自分が想定していたよりペースがなくて、抜けそうで抜けなくて、難しい展開でした。終盤の勝負は狙っていたので、そこは上手くいきました。東地域では堂園(鷲)選手が速いので、(東西統一競技会では)なんとか倒したいです」とコメント。
FS-125部門の表彰式。左から2位の酒井仁選手、1位の加藤選手、3位の山口大耀選手が登壇した。

 同時開催のジュニアカート選手権・西地域第5戦。FP-Jr部門では大集団の熱戦を制して武藤雅奈選手(TAKAGI PLANNING)が自身2勝目、今季初勝利を飾った。2位には田邊琉揮選手(TAKAGI PLANNING)が入り、TAKAGI PLANNING勢が1-2フィニッシュ。ポールから発進して前半戦の主導権を握った松本琉輝斗選手(チームナガオ)は3位でレースを終えた。

 FP-Jr Cadets部門では澤田龍征選手(Eiwa Racing Service)と澤田賢征選手(Eiwa Racing Service)の兄弟対決が繰り広げられ、弟の龍征選手が初優勝。賢征選手はチェーントラブルでリタイアとなった。昨年の中山大会以来となる2度目のスポット参戦の大倉正真選手(RKT WINNER)は、一年ぶりのジュニア選手権で目覚ましい成長を見せて2位を獲得。ポイントリーダーの酒井龍太郎選手(ミツサダPWG Racing)は、前日のトラブル続発と直線スピード不足に悩みながら、5番グリッドからの3位フィニッシュで苦しかったレースウィークをまとめた。

「タイムトライアルではぜんぜん調子が良くなかったけれど、予選になったら失速する症状が出なくなって、どんどん前に行けるようになりました。僕より松本選手の方が速いと思っていたので、抜かれたら置いていかれないようにすぐ抜き返すことを意識していました。(今回勝てたのは)他の人よりたくさん練習したからだと思います」とレースを振り返った武藤雅奈選手。
FP-Jr部門の表彰式。左から2位の田邊琉揮選手、1位の武藤選手、3位の松本琉輝斗選手が登壇した。
兄弟でのトップ争いを制したのは弟の澤田龍征選手。自身の初優勝について「最年少で優勝できてうれしいです。お兄ちゃん(澤田賢征選手)はチェーンが切れちゃって残念だったけれど、そのまま最後までバトルしていても、僕が勝っていたと思います」と、中山大会での勝利に自信をのぞかせた。
FP-Jr Cadets部門の表彰式。左から2位の大倉正真選手、1位の澤田龍征選手、3位の酒井龍太郎選手が登壇した。

フォト/JAPANKART レポート/水谷一夫、JAFスポーツ編集部

ページ
トップへ
楽天ポイント100万ポイント山分け(POP)