[参加者募集]コロナ禍における安全・安心なイベント開催と参加を目指す講習会がリモート開催(11月21日、12月18日開催)

ニュース ラリー ジムカーナ オートテスト ダートトライアル

2021年11月11日

「コロナ禍におけるリアルモータースポーツイベントの開催と参加に関する講習会」
開催日:2021年11月21日(日)、12月18日(土)
開催地:インターネットを利用したオンライン形式
主催:JAF 運営:AG.MSC北海道

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぎながら、安全・安心なイベント開催・参加を目指すオンライン講習会が、11月21日(日)と12月18日(土)にオンライン形式で開催される。この講習会はJAF公認クラブである北海道のAG.メンバーズスポーツクラブ北海道(AG.MSC北海道)が運営し、FIA基金助成を受けたJAFが主催する初の試みとなる。

 予定している講習内容は、これまでJAFが公示した「新型コロナウイルス感染防止対策を講じた公認競技会等の参加に係るお願い」、FIAが公示したガイドライン「”RETURN TO MOTOR SPORT” in the context of the COVID-19 pandemic」および、コロナ禍における行動規範を示したFIA国際モータースポーツ競技規則付則S項の解説をはじめ、JAF公認ラリーやスピード競技(ジムカーナ、ダートトライアル、オートテスト)を対象とした、コロナ禍におけるリアルイベントの運営方針の解説なども行われる。

 募集対象は、JAF公認モータースポーツのうち、ラリーやジムカーナ、ダートトライアル、オートテスト競技会を主催するオーガナイザーと、それらのイベントに参加するライセンスホルダーで、いわゆる”Bライ競技”の主催者とエントラントを対象としている。講習内容は11月21日、12月18日とも同じ内容を予定しているため、参加申し込みの際には、どちらか一方の日程の講習会を選択することになる。

 コロナ禍におけるイベントオーガナイズについては、これまでJAFが複数回に渡って、JAF登録クラブや参加者を対象とした「新型コロナウイルス感染防止対策を講じた公認競技会等の参加に係るお願い」を状況に応じてリリースしており、同時に「基本的な感染対策のあり方の例」として、競技会開催にあたる推奨事項や遵守すべき事項が、国内モータースポーツのカテゴリー毎に、シチュエーション別の実例と共に示されている。

 この「基本的な感染対策のあり方の例」については、2021年8月3日公開のもので「Ver.5」まで更新されており、FIA国際モータースポーツ競技規則附則S項に準拠しつつも、国内モータースポーツの実情に合わせた感染対策のあり方が記述されている。そのため、講習会を受講する際には事前に熟読しておくと理解が深まるだろう。

 申し込みの詳細についてはJAFモータースポーツサイトのお知らせ(下記リンク)を参照してほしい。実際の申し込みはAG.MSC北海道が担当となるので併せて確認してほしい。

[JAF公示]「コロナ禍におけるリアルモータースポーツイベントの開催と参加」に関する講習会の開催について
https://motorsports.jaf.or.jp/regulations/announcement/notice/2021/20211108

[AG.MSC北海道]JAF講習会「コロナ禍におけるリアルモータースポーツイベントの開催と参加」参加申込ページ
http://agmsc.site/jaf-training-session

AG.MSC北海道は、国内ラリーのオーガナイザーを対象としたウェビナーを複数回開催しており、感染拡大防止対策を徹底した全日本選手権運営の実績も豊富に持っている。

フォト/加藤和由 レポート/JAFスポーツ編集部

ページ
トップへ
楽天ポイント100万ポイント山分け(POP)